忍者ブログ

元・従軍慰安婦達が慰安婦となった経緯を確認すると共に、その証言の信憑性を検証するブログです
66  65  60  59  58  57  56  55  53  52  50 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

◆◆◆ 李秀梅(リ・シュウメイ) ◆◆◆


【生い立ち・慰安婦になった経緯等】

1927年(推定)、山西省西藩郷李庄村で生まれる。1942年15歳の時、突然、家にやってきた日本兵に拉致され、進圭村の石洞にて5ヶ月間監禁・強姦される。

1995年8月に、他3名と共に日本政府に謝罪と賠償を求めて提訴。 2001年5月東京地裁、請求棄却。2004年12月東京高裁、控訴棄却。2007年4月最高裁、上告棄却。(中国人「慰安婦」損害賠償請求訴訟(第一次)・原告 李秀梅、劉面換、周喜香、陳林桃)


【慰安所までの移動時の公権力・軍の関与等】

慰安所には入れられておらず、近くの村の石洞に監禁される。


【考察】

「元『慰安婦』の証言」では、同女の家に入ってきた日本兵が「花姑娘」と言ったと証言しており、これは明らかに中国語です。
近くの村で同様に拉致・監禁された女性たち(劉面換・陳林桃)の証言を勘案すると、日本兵と共に多くの漢奸(※日本人の手先となった中国人)が行動していたことは明らかであり、「花姑娘」と言ったのは漢奸でしょう。そして、この漢奸たちは女性への暴行・強姦にも参加していたようです。同女の証言には「日本兵」しか出てきませんが、どうやら、この「日本兵」は「日本兵+漢奸」のようです。

なお、「ガイサンシーとその姉妹たち」には以下の通りの記述があります。

「この家は日本軍が村に駐留している時、傀儡軍の“清郷隊”の本部となっていました」(P.140)
 「家はあの時清郷隊の本部となっていた。全部で30数人がここで寝起きしていた」(P.140)

  ※清郷隊・・・地元の住民により組織され、日本軍に協力した武装組織


また、「ガイサンシーとその姉妹たち」には、進圭村の以下のような老人の証言が記載されています。

「彼らの大隊長は吉田と言い、中隊長は今井といった。副中隊長は堀武といい、下にロバと赤ら顔がいて、谷川が小隊長のとき日本軍は引きあげた。しかし女性を乱暴するのは主にロバと赤ら顔、キバというような人たちだった
「ロバというのは森曹長のあだ名で、村人が赤ら顔と呼んでいた伊藤が情報班長だったあと、曹長に昇進した。キバはもともと砲兵だった。古兵だったので、誰も素行の悪い彼をどうしようも出来なかった。一九四二年夏の太行山戦役で中隊長の今井が死んだあとは、ここに2個分隊しか残らなかった。10人あまりがいるだけで、木坂が親分で、ロバ、赤ら顔が曹長になった。その後、43年夏に岩本という人が隊長として転任してきたが、あの人は若くてこれらの古兵をどうしようもできなかった」(P.152~P.153)

他の同様の証言者(劉面換・陳林桃)の証言も総合して勘案すると見えてくるのは、「好き勝手する一部の日本兵とそれを統率できない隊長。そして、それに便乗して暴行・強姦に参加する一部の中国人」という状況です。隊長は統率できないばかりか、本部に報告すると自分の責任が問われるために黙認していたのでしょう。


【信憑性】

誇張や創作と思われる証言はなく信憑性はあると思います。ただし、漢奸の存在は意図的に隠しているようです。


【資料等】
年月 資料名等 著者 出版社
内 容 等
1997.6 元「慰安婦」の証言 -50年の沈黙をやぶって アジア・フォーラム編 晧星社
 山西省西藩郷李庄村で生まれました。一五歳の時(一九四二年)の農暦八月、母親と自宅にいたところ、突然四人の日本兵が入ってきました。男たちはうれしそうに「花姑娘」と言いながら入ってきました。当時五〇歳くらいだった母親を無視し、オンドルに座っていた私のところへ来て、私を連れ出しました。私は怖くて震え、泣き叫んでいましたが、口の中につめものをされ、暴力的に家から連れ出されたのです。
 私は両手を結わえられてロバに乗せられて両側は兵士に固められて、進圭村という村にある日本軍の駐屯地まで運ばれました。ここで監禁されたところは、この地方によくある石洞の一つでした。幅一・七メートル、奥行きが約三・三メートルで奥の半分はオンドルになっていました。オンドルの上には麻袋や藁が置かれていて、私が連れてこられた時、そこには二人の女性がいました。石洞の中には、便器用の桶があるだけで何にもないところでした。入り口は鍵がかけられ、中国人の門番がいました。この石洞から出られたのは、排泄物を捨てにいく場合ぐらいで、そのまわりの様子はよくわかりません。監禁されてから、四、五日後、赤ら顔の「ロバ隊長」とよばれる日本兵が入ってきました。この隊長はまず先にいた女性を強姦し、続いて私を強姦しました。その日から、戦闘に出かける日以外は、毎日、日本兵たちが私たち三人を強姦しに入れかわり立ちかわりやってきました。三人の日本兵がやってきて、私たち三人を同時に強姦することもありました。石洞の中で順番を待つ兵士が、私たちが強姦されるのを見ていることもありました。一人の日本兵の強姦が終わると、続いて別の日本兵がすぐやってきて強姦することもありました。強姦は生理日でもかまわず行われました。私は多い時には、日に一〇人、少ない時でも二、三人に強姦されました。私たちが抵抗すると日本兵は暴行を加えました。私はある時ベルトで殴られ、そのバックルが右眼にあたり怪我をしました。この怪我がもとで、私は後に右眼を失明してしまいます。また、皮の長靴で大腿部を蹴られて怪我をしました。この怪我がもとで、今では右足が左足より短くなっています。顔や腹、腰などはしょっちゅう殴られました。(P.29~30)
2006.9 ガイサンシーとその姉妹たち 班忠義 梨の木舎
 私は兎年生まれで、15歳の時(1942年)の旧暦8月、今でいう9月に、日本人が進圭社に入ってきて砲台をつくった。
 ある日彼らが私が住んでいた李庄村にやって来た。私が家で母親と二人で靴作り(注・当時は布靴を自分たちで作っていた)をしていたところに、4人の日本兵が銃を持って家に入って来た。そしてオンドルの上に座っていた私を引っ張った。怖くて、お母さん、と叫んだ私をされに引っ張り、追いかけてきた母を1人の日本兵が2回も蹴って倒した。私は村の下まで引っ張られていった。
 私が泣いて母を叫ぶと口い布を入れられ、両手を縛られて村の外まで来るとロバに乗せられた。こちら側から降りようとすると“殺すぞ”と言われ、顔に平手打ちを受けた。向こう側に降りても“殺す”と言われて、怖くなり何も出来なくなった。
 進圭社に連れて行かれて、小さい窓のあるヤオドン(窰洞)に監禁された。私のほかに侯冬娥さん、板先梅さんがいた。3人が一緒に監禁された。そして5ヵ月間閉じ込められた
 昼も夜もズボンを穿くことが出来ない。私たち3人は同じオンドルの上にころがされ、彼らに強姦された。この男が出て行ったら他の男がやって来る。やって来る日本兵の数は多い日もあれば少ない日もあった。多い時は20~30人も来る。だから1日中服を着ることが出来ない。彼らがどこかに出発する時、やっと服を着ることが出来る。“赤ら顔”隊長(注・日本人隊長某のあだ名)にはいつもトーチカに呼ばれた。泣いて嫌がっても行かなければならない。行かないと彼に殴られる。力ずくで連れて行かれる。これ以上の苦しみはない。“生理がきたから、今日はやめてほしい”と言っても、彼らは出来ないことはない、と言ってまた同じように陵辱する。どんなに苦しくても引っ張られて陵辱された。
 冬侯娥さんは半月ぐらい一緒にいたけれど、ある日担がれて家に戻っていった。板先梅さんは数日で家に返されたから、冬侯娥さんも行ってしまうと、残ったのは私一人だった。私は彼らから陵辱を受けないようにと、毎日顔を洗わず髪の毛も梳かないで、そこから逃げることを考えた。でも、死ぬことも逃げることも出来なかった。いつものよういトーチカへ呼ばれる。彼らは私の汚い顔が嫌で、そこに行く前に必ず私に顔を洗わせた。
 私は9月にヤオドンに閉じ込められ、旧正月まで5ヵ月間も監禁された。私の体は歩くことも動くことも出来ず、トーチカにも行くことが出来なった。そうすると“赤ら顔”隊長は今度はヤオドンまでやって来て私を陵辱する。その時私は必死に抵抗した。彼に腕を強く引っ張られたので千切れるかと思った。私は思い切って彼の腕を噛んだ。必死に抵抗する私に隊長は怒ってズボンから皮ベルトを抜き、私の頭や顔を殴ったので、バックルが私の右目にあたってその後右目は見えなくなってしまった。その時痛めつけられ、左足を軍靴で蹴られ、棍棒で体中をめった打ちにされたので、私の片方の足の骨が折れた。私の足はみてわかるように片方が短くなり、引きずって歩くしかない。体が不自由になり、格好良く人の前を歩くことは出来ない。私は彼らに賠償してほしいです。(P29~31)


PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日本人課長、部下を平手打ち 中国で抗議騒動
中国・広東省にある三菱東京UFJ銀行の現地法人支店で27日、日本人課長が部下の中国人従業員を平手打ちし、中国人の同僚ら50人が課長の辞任や謝罪を求めて抗議する騒ぎがあった。 28日付の地元紙「南方都市報」によると、27日夜、同支店の25歳の男性中国人従業員がオフィスで上司の日本人課長に品物を届けようとした際、右のほおを平手打ちされた。課長はその後、「機嫌が悪かった」などと謝罪したが従業員は受け入れず、中国人の同僚約50人が抗議。署名を集め、謝罪や殴った課長の辞任を求めた。 ...
URL 2007/07/30(Mon)19:39:46
忍者ブログ | [PR]